数学過去問

【過去問】京都大学 2013年度 理系数学

目次

  1. まえがき
  2. 大問1
  3. 大問2
  4. 大問3
  5. 大問4
  6. 大問5
  7. 大問6
  8. あとがき

まえがき

本記事では京都大学2013年度理系数学の問題を紹介し、それに対応する解答・解説を順次作成していきます。

年度別検索分野別検索にも対応しています。みなさんの過去問学習のお役に立てれば幸いです。

大問1

・平面図形, ベクトル
平行四辺形\(\mathrm{ABCD}\)において, 辺\(\mathrm{AB}\)を\(1:1\)に内分する点を\(\mathrm{E}\), 辺\(\mathrm{BC}\)を\(2:1\)に内分する点を\(\mathrm{F}\), 辺\(\mathrm{CD}\)を\(3:1\)に内分する点を\(\mathrm{G}\)とする。線分\(\mathrm{CE}\)と線分\(\mathrm{FG}\)の交点を\(\mathrm{P}\)とし, 線分\(\mathrm{AP}\)を延長した直線と辺\(\mathrm{BC}\)の交点を\(\mathrm{Q}\)とするとき, 比\(\mathrm{AP}:\mathrm{PQ}\)を求めよ。

大問2

・数列
\(N\)を\(2\)以上の自然数とし, \(a_n\)(\(n=1,2, \cdots\))を次の性質(ⅰ)(ⅱ)をみたす数列とする。
(ⅰ)\(a_1 =2^N -3\)
(ⅱ)\(n=1,2, \cdots\)に対して,
\(a_n\)が偶数のとき, \(a_{n+1}=\frac{a_n}{2}\),\(a_n\)が奇数のとき, \(a_{n+1}=\frac{a_n-1}{2}\)
このときどのような自然数\(M\)に対しても
\(\displaystyle \sum_{n=1}^{M} a_n \leq 2^{N+1}-N-5\)
が成り立つことを示せ。

大問3

・整数
\(n\)を自然数とし, 整式\(x^n\)を\(x^2-2x-1\)で割った余りを\(ax+b\)とする。このとき\(a\)と\(b\)は整数であり, さらにそれらをともに割り切る素数は存在すないことを示せ。

大問4

・微分
\(- \frac{\pi}{2} \leq x \leq \frac{\pi}{2}\)における\(\cos{x}+ \frac{\sqrt{3}}{4}x^2\)の最大値を求めよ。ただし\(\pi > 3.1\)および\(\sqrt{3} > 1.7\)が成り立つことは証明なしに用いてよい。

大問5

・座標,積分
\(xy\)平面内で, \(y\)軸上の点\(\mathrm{P}\)を中心とする円\(C\)が\(2\)つの曲線
\(C_1 : y=\sqrt{3} \log{1+x}, C_2 : y=\sqrt{3} \log{1-x}\)
とそれぞれ点\(\mathrm{A}\), 点\(\mathrm{B}\)で接しているとする。さらに三角形\(\mathrm{PAB}\)は\(\mathrm{A}\)と\(\mathrm{B}\)が\(y\)軸に関して対称な位置にある三角形とする。このとき\(3\)つの曲線\(C, C_1, C_2\)で囲まれた部分の面積を求めよ。
ただし, \(2\)つの曲線がある点で接するとは, その点を共有し, さらにその点において共通の接線をもつことである。

大問6

・場合の数・確率
投げた時に表が出る確率と裏が出る確率が等しい硬貨を用意する。数直線上に石を置き, この硬貨を投げて表が出れば数直線上で原点に関して対称な点に石を移動し, 裏が出れば数直線上で座標\(1\)の点に関して対称な点に石を移動する。
(1)石が座標\(x\)の点にあるとする。\(2\)回硬貨を投げたとき, 石が座標\(x\)の点にある確率を求めよ。
(2)石が原点にあるとする。\(n\)を自然数とし, \(2n\)回硬貨を投げたとき, 石が座標\(2n-2\)の点にある確率を求めよ。

あとがき

過去問学習をする上で役に立つ参考書を紹介しておきます。いずれも最新版のものになります。ぜひ手に取って演習を積んでください!

京大の理系数学(赤本)

過去27年間の京大入試数学(前期)の問題が分野別に掲載されており、京大受験生のみならず、"演習書"として全国の受験生にとって有益な1冊です。高校1年生から誰でも使用できます。

↑画像をタップするとAmazonの購入ページに進むことができます。

実戦模試演習 京都大学への数学(京大実戦過去問)

最新の傾向に合わせて練られた京大入試実戦模試の過去問が5年分収録されており、採点基準や平均点、偏差値なども見ることができます。問題演習+自己分析をすることにより、本番の入試で得点向上に結び付く一冊です。

↑画像をタップするとAmazonの購入ページに進むことができます。

大学別入試攻略問題集(京大オープン過去問)

最新の傾向に合わせて練られた京大オープン模試の過去問が6年分収録されており、採点基準や平均点、偏差値なども見ることができます。こちらも問題演習+自己分析をすることにより、本番の入試で得点向上に結び付く一冊です。

↑画像をタップするとAmazonの購入ページに進むことができます。

注意

・京都大学の入試問題の掲載にあたり、著作権法上の権利を損ねないよう、試験問題等の利用について | 京都大学 (kyoto-u.ac.jp)に従って記事作成後一か月以内に「京都大学入試問題等利用報告書」を提出しています。

・以上6問はすべて京都大学2013年度理系数学の問題です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuya Sakurada

洛北(中高一貫)→京都大学理学部2回生|元駿台特待, EX生|予備校勤務 |個別指導講師(英数)|高3時, 京大模試英語で全国15位以内を1年間で7回達成|ポケモン全国3位(2013), 全国Top8(2017), 全国Top4(2018)|大学受験英語・数学や大学の学問紹介の記事を中心に書いています。

-数学過去問
-

Copyright © 2020-2021 Sacramy