入試数学演習 大学受験 数学

【入試数学演習No.9】京都大学理系数学2021 大問4 解答・解説

目次

  1. 問題
  2. 方針
  3. 解答
  4. あとがき

問題

曲線\(y= \log(1+\cos{x})\)の\(0 \leq x \leq \frac{\pi}{2}\)の部分の長さを求めよ。

方針

極めてシンプルな計算問題です。曲線の長さの公式と、積分計算の途中で出てくる\(\sqrt{}\)の解消、2019年度大問1の問2(2)でも出題されていた\( \frac{1}{\cos{x}}\)の積分を求める部分の3箇所が関門となりますが、京大受験生にとってはかなり易しい問題であり、確実に計算を合わしたいです。

曲線の長さ

1°)直交座標
曲線\(y=f(x)\)(\(a \leq x \leq b\))の長さ\(\mathrm{L}\)は、
\(\mathrm{L}= \displaystyle \int_a^b \sqrt{1+(\frac{dy}{dx})^2} dx =\displaystyle \int_a^b \sqrt{1+(f'(x))^2} dx\)
媒介変数
曲線\(x=f(t), y=g(t)\)(\(\alpha \leq t \leq \beta\))の長さ\(\mathrm{L}\)は、
\(\mathrm{L}= \displaystyle \int_{\alpha}^{\beta} \sqrt{ (\frac{dx}{dt})^2+(\frac{dy}{dt})^2} dt =\displaystyle \int_{\alpha}^{\beta} \sqrt{(f`(t))^2+(g`(t))^2} dt\)

\( \frac{1}{\cos{x}}\)の積分

初見だと太刀打ちできないかもしれませんが、入試では有名な積分です。よく、「三角関数は2乗に強い」と言われることがあります。というのも、三角関数の基本的な関係式に、\(\theta\)を実数として、

\begin{align}
\cos^2{\theta}+\sin^2{\theta}=1 \\
1+ \tan^2{\theta} = \frac{1}{\cos^2{\theta}}
\end{align}

というものがあります。すべて2乗の形をしています。さらに、半角の公式や\(\cos{2\theta}\)の2倍角の公式(両者は本質的には同じ)も2乗の形をしています。

これらの公式から推察されるように、三角関数には2乗を含む関係式が多く、2乗の形を作ることでその後の変形がうまくいくことがしばしばあるのです。

本問の場合だと、分母分子に無理やり\(\cos{x}\)をかけることで、

\begin{align}
\frac{1}{\cos{x}} &= \frac{\cos{x}}{\cos^2{x}} \\
&=\frac{\cos{x}}{1-\sin^2{x}} \\
&=\frac{1}{2}(\frac{\cos{t}}{1+\sin{t}} +\frac{\cos{t}}{1-\sin{t}}) \\
&=\frac{1}{2}(\frac{(\sin{t})'}{1+\sin{t}} +\frac{(\sin{t})'}{1-\sin{t}}) \\
\end{align}

と変形できて積分計算ができるわけですね。

また、ワイエルシュトラス置換をすることでも解くことができます。

\(t=\tan{\frac{x}{2}}\)とおくことで、議論を進めることができます。一度自分の手で計算して試してみてください^^

解答

\(y= \log(1+x)\)(\(0 \leq x \leq \frac{\pi}{2}\))であるから、

\(\displaystyle \frac{dy}{dx} = \frac{-\sin{x}}{1+\cos{x}}\)

である。これより、

\begin{align}
\sqrt{1+(\frac{dy}{dx})^2} &= \sqrt{1+ \frac{\sin^2{x}}{(1+\cos{x})^2}} \\
&= \sqrt{\frac{1+2\cos{x}+(\sin^2{x}+\cos^2{x})}{(1+\cos{x})^2}} \\
&= \sqrt{\frac{2+2\cos{x}}{(1+\cos{x})^2}} \\
&= \sqrt{\frac{2}{1+\cos{x}}} \\
\end{align}

半角の公式から、\(\displaystyle \cos^2{\frac{x}{2}}= \frac{1+\cos{x}}{2}\)であり、\(0 \leq x \leq \frac{\pi}{2}\)の範囲で\(\cos{\frac{x}{2}} > 0\)だから、

\begin{align}
\sqrt{\frac{2}{1+\cos{x}}} &= \sqrt{\frac{1}{(\cos{\frac{x}{2}})^2}} \\
&= \frac{1}{\cos{\frac{x}{2}}}
\end{align}

となる。以上のことにより、求める長さを\(\mathrm{L}\)とおくと、

\begin{align}
\mathrm{L} &= \displaystyle \int_0^{\frac{\pi}{2}} \sqrt{1+(\frac{dy}{dx})^2} dx \\
&= \displaystyle \int_0^{\frac{\pi}{2}} \frac{1}{\cos{\frac{x}{2}}} dx
\end{align}

\(t=\frac{x}{2}\)と置換すると、\(dx=2dt\),\(x: 0 \to \frac{\pi}{2}\)のとき\(t: 0 \to \frac{\pi}{4}\)であるから、

\begin{align}
\mathrm{L} &= \displaystyle \int_0^{\frac{\pi}{4}} \frac{2}{\cos{t}} dt \\
&= \displaystyle \int_0^{\frac{\pi}{4}} \frac{2\cos{t}}{1-\sin^2{t}} dt \\
&= \displaystyle \int_0^{\frac{\pi}{4}} \frac{\cos{t}}{1+\sin{t}} +\frac{\cos{t}}{1-\sin{t}} \\
&= \displaystyle \int_0^{\frac{\pi}{4}} \frac{(\sin{t})'}{1+\sin{t}} +\frac{(\sin{t})'}{1-\sin{t}} \\
&= [-\log{|1-\sin{t}|}+\log{|1+\sin{t}|}]_0^{\frac{\pi}{4}} \\
&= -\log(1-\sqrt{2})+\log(1+\sqrt{2}) \\
&= \log{\frac{1+\frac{1}{\sqrt{2}}}{1-\frac{1}{\sqrt{2}}}} \\
&= \log{\frac{\sqrt{2}+1}{\sqrt{2}-1}} \\
&= 2\log(\sqrt{2}+1)
\end{align}

よって、求める長さは\(2\log(\sqrt{2}+1)\)である。(答え)

あとがき

過去問学習をする上で役に立つ参考書を紹介しておきます。いずれも最新版のものになります。ぜひ手に取って演習を積んでください!

京大の理系数学(赤本)

過去27年間の京大入試数学(前期)の問題が分野別に掲載されており、京大受験生のみならず、"演習書"として全国の受験生にとって有益な1冊です。高校1年生から誰でも使用できます。

↑画像をタップするとAmazonの購入ページに進むことができます。

実戦模試演習 京都大学への数学(京大実戦過去問)

最新の傾向に合わせて練られた京大入試実戦模試の過去問が5年分収録されており、採点基準や平均点、偏差値なども見ることができます。問題演習+自己分析をすることにより、本番の入試で得点向上に結び付く一冊です。

↑画像をタップするとAmazonの購入ページに進むことができます。

大学別入試攻略問題集(京大オープン過去問)

最新の傾向に合わせて練られた京大オープン模試の過去問が6年分収録されており、採点基準や平均点、偏差値なども見ることができます。こちらも問題演習+自己分析をすることにより、本番の入試で得点向上に結び付く一冊です。

↑画像をタップするとAmazonの購入ページに進むことができます。

2021年度理系数学の問題一覧はこちらから見ることができます。

注意

・京都大学の入試問題の掲載にあたり、著作権法上の権利を損ねないよう、試験問題等の利用について | 京都大学 (kyoto-u.ac.jp)に従って記事作成後一か月以内に「京都大学入試問題等利用報告書」を提出しています。

・以上6問はすべて京都大学2021年度理系数学の問題です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuya Sakurada

洛北(中高一貫)→京都大学理学部2回生|元駿台特待, EX生|予備校勤務 |個別指導講師(英数)|高3時, 京大模試英語で全国15位以内を1年間で7回達成|ポケモン全国3位(2013), 全国Top8(2017), 全国Top4(2018)|大学受験英語・数学や大学の学問紹介の記事を中心に書いています。

-入試数学演習, 大学受験, 数学
-, , ,

Copyright © 2020-2021 Sacramy